消防設備点検

消防設備点検

*

消防設備が設置されている建物は半年に1度、消防設備点検が必要です。消防設備とは、消火器や火災報知機、消火栓、誘導灯、非難はしご等の事を言います。自動火災報知設備やスプリンクラー設備などの消防用設備は、普段は存在を意識する事が少ない反面、万一の火災発生時にはその機能を確実に発揮する事が強く求められます。
防火対象物の規模や用途によって有資格者(消防設備士または消防設備点検資格者)による点検と1年に1度あるいは3年に1度、消防署へ消防設備点検報告書を届出する事が消防法で義務付けられています。

(消防用設備等の点検は半年ごとに 1 回、年に2回行い、その結果を特定防火対象物なら1年ごとに、非特定防火対象物なら3年毎に1度報告の義務)

消防設備点検価格表

自動火災報知設備
基本料金 6,000
P型1級 6~10回線 8,000
P型1級 11~15回線 10,000
P型1級 15~20回線 15,000
P型2級 5回線 6,000
差動式スポット 120
差動式スポット(天井裏) 150
定温式スポット 150
定温式スポット(天井裏) 200
煙感知器(光電式) 200
煙感知器(天井裏) 300
防火戸連動3種 300
発信機 200
音響装置 120
音量測定 0
表示灯 100
電源 800
予備電源 800
非常電話(新機) 1,000
非常電話(子機) 200
配線点検
誘導灯
基本料金 6,000
基本料金 4,000
誘導灯点検 200
誘導音付点滅型誘導灯 400
連動切替器点検 100
電源装置点検 200
配線点検(絶縁測定)
屋内消火栓
基本料金 6,000
加圧式送水装置 2,000
ポンプ式操作盤 1,000
呼び水装置 1,000
消火栓 800
起動スイッチ 300
放水テスト
放水口 200
常用電源 500
配線点検
非常警報器具
基本料金 4,500
音響装置 150
音量測定 150
表示灯 120
起動装置 200
電源 800
予備電源 800
配線点検(絶縁測定)
消火器
基本料金 4,000
粉末10型 300
粉末20型 400
粉末50型(車載式) 1,000
非常コンセント
基本料金 3,000
単相 100V 200
3相 200V 400
表示灯 100
配線点検(絶縁測定)
避難器具
基本料金 4,000
はしご 1,000
連結送水管
基本料金 3,000
補給水槽 2,000
放水口 300
送水口 1,000
直結型スプリンクラー
基本料金 6,000
加圧送水装置 2,000
ポンプ操作盤 1,000
スプリンクラーヘッド 100
管末試験弁 300
放水テスト
常用電源 500
配線点検

* 上記金額は目安金額です。点検項目の数量によって当社規定の割引率にてお見積させて頂きます。