施設保守管理業務

施設保守管理業務

*

施設の設備管理業務は施設の要を守る重要な業務です。建築物の構造や用途の多様化や今後ますます大きなテーマになる環境問題など日常の維持管理がより重要になると考えております。

そこで当社では各法令に定められた点検業務の他に、自主点検や電気、ガス、上・下水道使用量の削減提案のパッケージ化により施設の衛生的環境確保に重点に置きながら省資源、省エネルギーの推進、効率的な設備管理を目指します。また、定期的な建物設備点検やエネルギー使用量を管理させて頂くことにより予知保全、予防メンテナンスが実現でき、維持管理コストの削減に寄与すると考えております。

当社の取り組み
(1) 各設備のメンテナンス業務に精通した専門家とのネットワークを構築しており、お客様本位の提案を行っております。
また運営に関するマネジメントをまかされた場合は管理内容、手順のマニュアル化を徹底して行い運営における「人員によるミス」の防止に努めています。

(2) 当社ではエネルギー管理、削減は実績のある大手専門会社と事業提携を行っております。
まず設備投資がかからない部分から提案させて頂き5年目標で順次エネルギー経費の削減提案をさせて頂きます。今後省エネ法等の法令が厳しくなることが予想されます。エネルギー使用の「見える化」と削減内容の数値化が必要になると考えています。

(3) 例えば空調設備等は室外機、室内機、ロスナイ点検の他にフィルター清掃、分解洗浄をパッケージ化することにより室内機のドレンポンプ、サーミスターなどの交換時期の予想が立てやすく次回洗浄時に交換することが出来ます。また室内機に目が行きがちですが、室外機を簡易洗浄するだけでも電気代の削減効果は大きいです。

*

(作業内容)
* ビル内設備機器運転管理     * 温浴施設内設備機器運転管理
* 消防用設備保守点検作業     * 給排水設備保守点検作業
* 電気、冷暖房設備保守点検作業  * 冷暖房機分解洗浄作業