清掃管理業務

清掃管理業務

*

ビルを含めた施設の清掃管理業務は管理業務の要でありお客様からのご要望も一番厳しい業務です。「見た目」というもっとも重要視される部分であること(収益施設においては売上に影響)、そしてコストが一番かかる業務であることがその理由です。

当社ではローコスト&ハイクオリティーの実現を目指し品質と価格の両面から、お客様に満足して頂けるよう取り組んでいます。

*

①品質への取り組み
(1) 当社では常駐者が数名いる管理物件には作業責任者の選任、指導に力を入れております。作業責任者の力量が品質やお客様の安心感に最も大事であると考えています。
(2) 巡回作業で管理している物件に対しては当社の担当者に毎月の巡回チェックの実施及び作業報告書の作成を義務付けしております。
(3) 防汚・予防メンテナンスの提案、最新の清掃道具やケミカルの利用も進んで行っております。

*

②価格への取り組み
(1) 作業員が業務を掛け持ち出来る従業員教育を行います。例えば床面洗浄ワックス作業が半日で 2 名、ガラス清掃は終日 1 名の作業現場があるとします。この現場の場合、通常1日3名の作業員が必要ですが作業者が床面定期作業とガラス清掃に精通している場合、午前中に2名で床面定期、午後から2名でガラス清掃することで1日2名体制で行えます。このように業務の掛け持ちが出来ればより合理的な人員配置が可能になります。

(2) 毎日、週間、月間、定期作業の組み合わせや作業工程の工夫により作業人員や作業時間の削減提案

(3) 作業時間帯変更提案、例えば深夜作業を極力減らす作業仕様にすることで大幅にコスト削減に成功した事例や作業時間帯を1時間早めにずらすことによって募集時の応募人数が増え結果的に募集費の削減に成功した事例があります。

(作業内容)
* 日常清掃  * 定期清掃  * 窓ガラス清掃  * ハウスクリーニング
* カーペットクリーニング  * ブラインド、照明器具、換気扇清掃
* 特別清掃(高所作業、石材洗浄、石材研磨)  * 厨房内洗浄作業
* フィルター清掃   * 布、革張りイス・パーテーション洗浄