エアコンクリーニング

エアコンクリーニング

去年の夏、なかなか冷えない、カビ臭い等の症状が出たエアコンはシーズン前にクリーニングすることをお勧め致します。

エアコンは構造上、細かい隙間がたくさんあります。そのため、フィルターをすり抜けたホコリやダニなどが隙間にたまってしまいます。運転中に多くの水を発生しますのでカビが生えやすく、これらの汚れが蓄積されると「なかなか冷えない」「いやな臭いがする」などの症状となって現れます。

また、フィルターの中の熱交換器まで汚れが付着すると、熱交換率が悪くなり、風量の低下や電気使用量の増加をまねきコンプレッサー故障の原因にも。修理には高額な費用が発生します。定期的なエアコン洗浄が除菌、消臭、アレルギー防止及びエアコンを長持させるポイントです。

室外機も洗浄することにより室内機と同等の電気代削減効果があります。今後、夏の気温の異常が通例化すると予想されます。安価に出来ますのでエネルギー削減の観点からもセットでの洗浄を御案内させて頂いております。

洗浄頻度の目安は飲食店は 1 ~ 2 年、美容院では 2 ~ 3 年、大きな道路沿いや出入りの多い店舗や病院では 3 年、一般企業では4~5年に 1 回程度です。

汚れの溜まりやすい場所はタバコを吸われる場所、交通量の多い道路に面している、年中使用している、動物病院などペットの毛が舞っている、厨房に近く油汚れが付着しやすい、工場など粉塵がでる、病院など清潔さが求められる、人の出入りが多く埃っぽい、浴場施設の脱衣所のように湿気が多い場所